風俗で我を忘れる

相手を考えるのは大前提

風俗は性的サービスなので、気を使うのは風俗嬢側です。それは間違いないんですけど、出も女の子「だけ」が気を使うのではなく、自分自身もある程度な女の子のことを配慮してあげることによって、より満足感の高い時間を過ごすことが出来るようになるんじゃないかなって思いますよ。むしろそれがとても重要なことなんですよ。相手は機械じゃないんです。いつも同じように、寸分の狂いもなくこちらを楽しませる機械ではなく、その都度女の子が自らの意志でこちらのために何をしてくれるのかを考えているんです。つまり、状況によって全く変わってくるってことです。こちらに対してあまり良い印象を持てないようであれば、奉仕だってどうしても影響が出ると思うんですよ。これは間違いないでしょう。逆こちらに対して良い人だなって思ってくれたら、プレイに関してもより一層頑張ってくれるんじゃないかなって思うんですよ。ちょっとしたこですけど、これは重要ですよ。

実際はどうだろうかって

理想を描きつつ、実際に風俗でどれだけ楽しめているのかと言えば、結構いい感じかなって。理想は理想だって割り切っているというか、自分ももうそんなに若い訳ではないので、理想と現実の区別くらいは分かります(笑)だからどうするべきなのかとか、ベストアンサーは何かなど、風俗でもその点を考えられるようになりましたし、それらを踏まえてうえで、出は現実的にはどのようなことを楽しめるのかって思って楽しませてもらっています。むしろそれが面白いじゃないですか(笑)理想を描くことはとても大切ですけど、でも理想は理想なんです。現実でどう楽しむのかを模索しつつ、指名した風俗嬢との距離感を図りながら現実を楽しんでいます。ただ、最近は自分が思い描いたものよりも良い時間になるケースが多いです。これは単純に、風俗嬢のレベルが自分の想像以上に高くなっているのもあって、気分的にかなり良いものを得られているからなんじゃないかなって思いますね。