風俗で我を忘れる

出張が息抜きになる生活

きっと既婚者であれば分かってくれるかと思いますが、結婚生活は子供が出来ると自分の時間が本当になくなります。すべては子供優先。子供と言うか家族ですね。そうなると、仕事の時間の方が気が楽に感じるくらいなんですよ(苦笑)満員電車の中でさえ、家族に拘束されているよりは、とりあえずスマートフォンであれこれ楽しめるので良いだろうと思うくらいですしね(笑)だから出張とか大好きなんですよ。出張は会社が認めた「外泊タイム」なんです(笑)日常生活の中で外泊したいといって認められるわけがないですし、そもそも外泊するにしてもそれなりのお金が必要になります。でも出張なら取り敢えずホテルのお金は会社持ちですし、寝るのも一人。自由もあるのでつい風俗で楽しんでしまうんですよ(笑)出張中であれば風俗で遊んでもバレるリスクなんてほとんどありません。ホテルにデリヘルを呼んでしまえば出歩く必要性もないですけど、出歩くのもそれはそれで楽しいんです。

そんなに意識してないんですが、ふと…

そこまで風俗に対して意識している訳ではないんですけど、精神的に一区切りついたなって時には風俗のお世話になることが多いですね。社内のプロジェクトが終了したり、少し自分に時間の余裕が出来たり。忙しい時にはどう足掻いても風俗で遊ぶのが無理だってことは自分でも分かっているんです。それなら無駄な抵抗をするのではなくて、諦めて何も思わないようにって。でも、遊べるタイミングになったら風俗で遊ぶ。それが自分のスタイルと言っても良いでしょうね。 風俗って本当にいろんな楽しみ方があるんだなってことは自分でも良く分かっているんですけど、何が素晴らしいって男にとっての理想そのものの時間を過ごせるじゃないですか。これはやっぱり大きいですよね。男の本能とも言うべき女の子との時間は、男にとって理想そのもののと言っても過言ではないんです。その時間を過ごせるというだけでも、やっぱり風俗って面白いものだなってことに気付かされますしね。