風俗で我を忘れる

元カノの存在は大きい。それが分かった

やっぱり元カノの存在はとても大きいですよ。未練があるってことじゃなくて、元カノの存在が自分の風俗嬢選びにも影響しているんです。というのも、自分自身、なぜか風俗では微乳を選ぶことが多いんですけど、これは元カノたちが巨乳揃いだったからなのかもしれません。つまり、巨乳への欲望はそれなりに発散で来ているってことですよね。だからなのか、微乳に対しての思いが強くなっているんですよ。巨乳とはお腹いっぱいになるくらいまで楽しんだので、せっかくの風俗ならそれまで遊んだことがないタイプと遊びたいなって思うじゃないですか。それで微乳風俗嬢ばかりを指名しているのかもしれません。それまで自分が遊んだ女の子たちとは全然違うボディなので、プレイ中の体の見え方とかも全然変わってくるんですよ。それがまた感動を誘う部分でもありますよね。でも、きっと逆なら風俗での趣味も逆になっていたと思うので、元カノって存在は男にとっていろいろと大きいんだなって。

テクニカルじゃないですか

テクニカルな風俗嬢との一戦は満足感はもちろんですが、プレイ中に感心させられることも多かったんですよ。上手な風俗嬢って、こうしていろいろなことが出来るんだなってことが分かりましたしね。特に思ったのは彼女の指示の的確さです。ここをこうしてとか、足はこっちとか、あくまでもにこやかにいろいろと指示してくれたんですけど、それらがどれでも的確だったんですよね。そのおかげで、どのような体勢になってもこっちにとっては楽しいなって思えるものだったし、それに初めて味わうような快感もありました。それもあって、彼女こそ、真のテクニシャンだなって思いました(笑)これまでも上手な風俗嬢はたくさんいましたけど、彼女のようにてきぱきと支持をくれるような子はいませんでした。きっとある程度の遠慮もあったと思うんですよね。でも彼女はこちらにテキパキと支持をして、こちらが気持ち良くなるであろう姿勢を常に作ってくれたんです。最高じゃないですか。