風俗で我を忘れる

面倒じゃない。それだけで十分

デリヘルは「面倒じゃない風俗」でしょうかね。これだけでも遊ぶ大きな理由になると思うんですよ。だって電話するだけですべてが手配出来るじゃないですか。お店の風俗で遊ぶのも結構好きなんです。そう思っていた自分でさえもデリヘルで遊んだら、それ以来デリヘルばかりになってしまった程。手間の問題なんて関係ないだろうって思っていた時もあったんですよ。手間をかけても、自分の楽しみたい女の子と楽しめるのが風俗の良さだと力説していたころもありましたけど、最近ではもうデリヘルばかりですね(笑)これで明らかにデリヘルのレベルが低いって話なら、いくら手間がかかるとは言ってもお店に行っていると思うんです。でもデリヘルって別に他の風俗に劣るとは思いませんし、むしろ他の風俗よりもレベルが高いんじゃないのかなと思う時もありますので、それならデリヘルでいいのかなって(笑)だからか、最近ではデリヘルで遊ぶのが自分の中で定番になっていますけど、特に困っていません。

じっくりのはずが…勢いに負けた!

じっくりと風俗嬢を攻めてやろうってずっと思っていたんですけど、蓋を開けてみたら勢いで攻めていました(笑)自分の性的衝動に敗北したって感じでしょうかね(笑)あとは相手の魅力もあったと思います。指名したKちゃんは、顔が好みでした。そして、彼女の感じている顔が更に好みでした(笑)だからじっくり攻めようって気持ちが、彼女の感じている顔を見ているうちに消えていってしまって、もっともっと彼女が感じている顔を見てみたいって衝動に支配されてしまったんですけど、それはそれで仕方ないかなと(笑)実際、とっても楽しかったのでありなんじゃないかなと思いますし、風俗はこうして予定調和ではなく、自分でも予想していない展開の方がスリリングで楽しい時間を過ごせるんじゃないかなって思いましたね(笑)じっくり攻めるのが得意だって思っていましたけど、相手次第では勢いで攻めるのも悪くはないなってことに気付かされたことが収穫ですかね(笑)